長崎県のCD買取業者なら?

不要になったCDを近所のゲオ、ブックオフ、リサイクルショップなどで売っているなら、結構な金額を損していると思います。 特に大手のゲオやブックオフでは、二束三文にしかなりませんので、長崎県に住んでいるからといって査定に持ち込むのはおすすめしません。 自分も昔はゲオやブックオフによく売っていましたが、ネットのCD買取を利用したら、もう戻れなくなくなってしまって、以後は一度も行っていません。 簡単で、便利で、しかも長崎県の実店舗よりもずっと高く買取してくれるのですから、もう実店舗にCDを売るなんて考えられなくなってしまいました。 特に大量のCDを一度に売る時は、なおさらです。 とは言え、ネットならどこも一緒かと言えば、そうではありませんよ。 長崎県の実店舗に売る場合でも、それぞれ金額が異なると一緒です。 ここでは、自分の経験を元に、ネットのCD買取がお得な理由や、高額査定のコツ、一般的な手続きの流れや、おすすめのCD買取サイトなどを紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。

CD買取はネットがお得なワケ

CDの買取額が高い!

どうせ売るなら1円でも高い方が良いのは当たり前ですよね? 古いCDを買取して貰ったお金で、新しいCDを買ってもいいし、高く売れて困る人はいないと思います。 ネットでは、長崎県の実店舗よりも高く売れるという話をしましたが、もちろんそれには理由があります。
店舗・人件費などの経費が低い
長崎県のCD買取の実店舗で一番の大手と言えばゲオ・ブックオフですが、ロードサイドの広い店舗(しかも全国!)で大勢の従業員が働いていますよね? こういった店舗の家賃や人件費は、ネットのCD買取ではほとんど掛かりません。 ネット専業なら、大きな倉庫が1ヶ所あれば十分! 長崎県に、店舗を構える必要はありません。 CD買取サイトは、直接お客さんが来るわけではないので、従業員も最低限の人数ですみます。 実際にどれくらい経費が掛かるのか、ブックオフの決算書で販売管理費を確認してみたら、463億3400万も掛かってました! 売り上げは、765億5400万だったので、いかに経費が高いか一目瞭然です。 ゲオやブックオフのCD買取の金額が安いのは、経費が嵩んで高く買い取れないからなんです。 ネットのCD買取サイトは、ローコストで運営しているからこそ、高額査定が可能なんです。 人件費や広告代金をたくさん使わなくても、高く買取することで、人気のCDが集まりやすいという戦略もあります。 いずれにしても、長崎県の実店舗に比べ、コスト面で圧倒的に有利なわけです。
CDの査定方法が異なる
まず、最初に重要なのが、ゲオやブックオフは店舗毎の在庫や売れ筋に査定が大きく左右される点です。 CD全般の全国相場、市場価格などよりも店舗の事情の方が優先します。 実店舗、ネットに限らず、買い取ったCDは別の誰かに販売しなければいけません。 そのため、その店舗では1ヶ月に1本しか売れないタイトルの在庫が2〜3本もあればが、もう店舗側としては買取などしたくないわけです。 なので、同じ店舗で中古で買ったCDを聞き飽きて売りに行ったら半額とか、それ以下とか、もう普通にあることなんですね。 ほんと、安いですよね〜。 古いタイトルほど、こういった傾向が強くなります。 というか、発売から日が浅いCD以外は、安く買いたたかれると思っておけば間違いありません。 古いCDをコンスタントに売る力が無いんですね。 他のショップと在庫を融通しあえば良いのではと思うかもしれませんが、店舗間の在庫調整や物流手配にも費用が掛かります。 そうなると、ますます高値で買い取れなくなってしまうのです。 こんなところにCD買取をお願いしても、損するだけです。 CD買取サイトの場合、販売もネットですので、全国的な需要に応じて価格を査定していますし、査定員も相場を熟知したプロです。 ゲオやブックオフは査定員が全国(当然、長崎県にも)に必要ですが、ネットの場合は1ケ所で査定できるからこそ、可能なやり方ですね。
競争が活発
CD買取サイトの競争が激しいので、ライバルに勝つため、少しでも査定額を高くしてCDを集めたいという事情があります。 実店舗の場合、競争相手は長崎県の近所のお店だけですが、ネットの場合は全国のCD買取サイトが相手なので、競争も活発です。 サービスの提供者間で競争してくれるのは、消費者にとっては良いことですよね。 その分、サービスが良くなっていきますから。 CD買取サイトも、昔に比べてどんどんサービスが良くなっています。 ネットだからというだけではなく、競争が活発なことによって、我々にお得な状態が生まれているのです。

自宅でCDの買取が完了する!

CD買取はネットがお得な理由のひとつに、自宅で全ての手続きが完了するという点があります。 長崎県のゲオ・ブックオフやリサイクルショップの場合、CDを店舗まで持ち込み買い取りを依頼、査定中はひたすら待つしかありません。 CD買取サイトなら、ネットで申し込んだら、段ボールに詰めて、あとは集荷に来るのを待つだけです。 お金は口座に振り込んでくれますので、まったくの手間いらずです。 これって、大量のCD買取になればなるほど、ほんと〜に楽!! 同時に古本・ゲーム・DVDなども売りたいときなど、も〜、重たいダンボール箱を自分で運ぶ必要はないんですね。 これからのCD買取は、やっぱりネットしかないな〜と感じると思いますよ。 私もそうでしたから!(笑)

CDの買取業者を比較できる!

CD買取に限らず、買物なり、サービスの利用なりで損しないために、「比較」は重要です。 ネットの優位性というのは、実店舗に比べて業者のコストが低いというのもありますが、比較が容易という要素も大きいです。 CD買取サイトは、それぞれのサービスの条件をサイトで公開しています。 当然サービスレベルはそれぞれ異なりますので、自分が売りたいCDや、数量などに合わせて、高値で買取してくれそうな所を比較して選ぶことが可能です。 長崎県の実店舗に依頼する場合は、実際に持ち込む必要があるため、比べるといっても、何店舗も持ち歩くのは大変ですよね。 時間も掛かりますし、それ以前に重いですから。。 CD買取サイトの比較ポイントですが、以下のような点に注意すると良いと思います。
比較ポイント
送料 送料が無料になる最小単位。送料が無料になるところにCD買取を依頼すると得。
梱包 ダンボールプレゼントの有無。手持ちでダンボールがない時は便利です。
期間 査定にかかる期間。早い方がポイント高いです。
返送 一部返送対応と返送料有無。一部買取、一部返送が可能かどうかと送料負担。
入金 入金にかかる期間。早い方がポイント高いです。
CD買取サイトの比較で一番おすすめは?
今一番おすすめなのは、「ブックサプライ」さんです! 最新のCDだけではなく、他社が取り扱わないようなものまで買取でしてくれます! NHKラジオのCDなど、一見ニッチな商品でも高額買取の実績が多数あります。 興味があれば、公式サイトで確認してみてくださいね。 バーコードを入力するだけで買取価格がすぐに分かる、簡単お試し査定は凄く便利ですよ! >>公式サイトで詳細を確認<<

CD買取で高額査定をゲットするコツ

希少性の高いCDを売る!
CD買取サイトの一番の特徴と言えば、ゲオ・ブックオフなどと異なり、ニッチなCDの市場価値を査定価格に反映している点です。 つまり・・・希少性の高いCDほど高く買い取りしてくれるわけですね。 更に言えば、希少性が高いというだけではなく、CD買取サイトが買い取りを強化しているタイトルを売ると、より高く査定してくれます。 在庫切れになっていて、至急確保したいとか、そのアーティストを好むユーザー層を顧客に抱えているとか、理由はいろいろですが、通常よりも高く売れます。 対象となるタイトルは、その時々で変わりますので、公式サイトを要チェックです!
新しいCDを売る!
新譜はやはり人気が高いです。 ここで言う新譜とは、「発売して2週間以内」のタイトルのことです。 ですので、CD買取サイトに高い金額で査定して貰いたいなら、古くならないうちに売ってしまうことです。 新譜は聴きたい人がたくさんいるので、サイト側も、喉から手が出るほど欲しいのです。 まだ聞き飽きてないし、売りたくない? その場合は、仕方ないので、査定が下がるのを覚悟するしかありません。
まとめて売る!
CD買取サイトは、送料無料の条件として、□□点〜といった基準を設けている所が殆どです。 利用者側の送料が無料ということは、買取側が経費負担しているわけですので、少しでもたくさんのCDを送って貰いたいわけです。 また、まとめて売る際、希少性の高いものや新譜を入れておくとより効果的です。 高値で査定されるCDを、他のタイトルとまとめることで、本来なら値がつかないような不人気タイトルであっても、人気タイトルの買取をキャンセルされないために、多少なりとも金額を付けてくれたりするからです。 こういった事情から、大量のCDをまとめて売るのは、買取サイト側としては大歓迎なんですね。 10本以上が目安になりますので、覚えておきましょう。
綺麗な状態で売る!
CD買取に限りませんが、中古品といえど、綺麗な状態の方が評価が高いのは、ネットであっても当然です。 あまりに汚かったり、破損している状態だと、買い取りできない場合もあります。 CD買取サイトに申し込む前に、最低限の清掃は済ませておきましょう。 それと、CDを売る時のことを考えて付属品は全て保管しておきましょう。 大事に扱い、綺麗な状態で売れるようにしておくのがベストです。 パッケージにも、出来るだけ傷が付かないように注意して扱いましょう。

CD買取の流れ

CD買取の流れは、サイトによって若干異なりますので、公式サイトで必ず確認してください。 ここでは、一般的な流れを紹介しています。
STEP1.書類の準備
買取依頼するCDに同封する身分証明書のコピーを準備します。 身分証明書に書類については、次項の「CD買取に必要な書類」を参考にしてください。
STEP2.梱包作業
STEP1で準備した身分証明書のコピーを入れて、CDを梱包します。 CDの本数によって、ダンボール・紙袋等を使い分け、傷が付かないように、しっかりと梱包します。
STEP3.申し込み
CD買取サイトにアクセスして、申し込みフォームに必要事項を入力して申し込みます。 申し込みは数分で完了する簡単なものですね。
STEP4.集荷
申し込み時に指定した日時、住所に運送会社が集荷に来ますので、業者に渡せば、利用者の作業は完了です。 自分で発送が必要なCD買取サイトの場合は、自分で運送業者に集荷の依頼を行います。
STEP5.査定
CD買取サイトによって異なりますが、大体2〜3営業日以内に査定結果の連絡があります。 金額が折り合わなければ、指定に期間内にキャンセルの申し込みを行います。
STEP6.入金
CD買取サイトから、銀行口座に振り込みがあります。 2営業日以内の入金になっている所が多いですね。

CD買取に必要な書類

CD買取は、古物商という形態の事業なので、古物営業法という法律で、相手方の身分証明書の提示を受けることを義務付けられています。 身分証明書の種類は、サイトによって異なりますが、運転免許証、健康保険証は、どこでも有効です。 それ以外では、以下のような証明書があります。
住民基本台帳カード(写真付き)、住民票、印鑑登録証明書、パスポート、年金手帳
未成年者はCD買取の依頼はできません。 それ以外だと、身分証の氏名と振込先の銀行口座の名義が異なる場合(例えば結婚して名義変更していない場合など)も、買い取って貰えないので注意が必要です。

買取できないCD

以下のようなCDは買取対象外です。
  • 盗品
  • 未開封品
  • サンプル品
  • レンタル品
  • 海外販売品
  • 盤面にキズのある品物
  • 汚れが酷い
  • 破損品
>>公式サイトで詳細を確認<<

長崎県のCD買取でおすすめなのは?|CDを売るなら.com記事一覧