駿河屋あんしん買取でCDを売った体験談

 

趣味でCDを集めていたら数が多過ぎて邪魔になってきてしまったので、不要だと感じた物を売りたいと考えるようになりました。
数が多くて運ぶのが面倒だったので色々と考えて宅配買取を利用することにしたので、どこで売ろうかネットで調べてみました。

 

調べてみたら、普段ゲームやトレーディングカードを売る時に利用している駿河屋というショップが、CD買取も行っていたので、慣れているところがいいと思ったのでそこで売ることにしました。

 

駿河屋には、あんしん買取という事前に仮査定してもらってから発送する方法と、かんたん買取という申し込んだらすぐに発送できる方法があるのですが、金額が分かったほうが安心できるので前者を選択しました。

 

駿河屋あんしん買取でCDを売ってみて良かったと感じたのは、査定価格が高かったところで、一部限定モノがあったこともありますが全体的に高く売ることができました。
売ったお金はゲーム機を買うための足しにしたいと思っていたのですが、思っていたよりも高く売れたので助かりました。

 

逆に悪いと感じたのは、対応がとにかく遅いところで、高く売れたのは良かったのですが、駿河屋はCD買取申込み時の仮査定から発送後の査定と入金まで含めるとトータルで1ヶ月近く掛かりました。
またゆうパックで送る必要があったり入金する時に手数料を取られるので、他の買取店と比べると査定価格は高いものの、サービスの質は低めの印象です。

 

CDを高く売ることができた点は本当に良かったと感じているのですが、対応の遅さがネックなので、駿河屋を積極的に人に勧めるのは難しいかなというのが素直な感想です。

 

駿河屋のCD買取の流れ、「かんたん」「あんしん」のどちらがいい?

私は聴かなくなったCDをまとめてネットショップの駿河屋で売っています。

 

駿河屋はあんしん買取とかんたん買取の2種類があり、希望者はまずそのどちらかを選ぶことから始まります。

 

あんしん買取は事前に価格を知ることができるので、総額が予想できます。
かんたん買取は希望商品をダンボールに詰めて送るだけの簡単な作業で済む…なと、それぞれ良い点があります。

 

私は事前に価格を知っておきたいので、毎回あんしん買取を選んでいます。

 

希望商品の連絡後に今度は駿河屋側から見積もりの連絡が返ってくるのですが、送ってみたが見積もり価格より少し減額された、買い取り不可品扱いになってしまった、など実際に商品を送ってみないとわからない部分もあるものの、今まで何度も買取ってもらいましたが見積価格から大幅に減額されたことはなく、全て自分の予想金額の範囲内だったのも良い点でした。

 

また、発送後は駿河屋に希望品を送ったと連絡をするだけの簡単な作業なので難しいことはなく、何か不明な点や連絡事項があれば早めに返信が返ってくるのも安心できて良い点だと思います。

 

慣れればとても便利で信頼性のあるあんしん買取ですが、難点もいくつかあります。
それは希望品の個数が多い場合、それだけ手間と時間がかかってしまうことです。

 

個数が多くても一つ一つの商品を検索し買取可能かどうか調べないといけないため、商品の数が多いと検索するのにとても時間がかかります。
大量にCDを売る場合などは非常に大変です。

 

またそれが終われば今度は段ボールにそれらを入れていくのですが、個数が間違っていないか、入れ忘れたものはないかなど何度も確認をしなくてはいけません。
CDなどケースが割れやすいものは必ずクッション素材を入れ、隙間をなるべくつくらないようにする入れ方の工夫も必須です。

 

個人的に駿河屋での買取は良い点、悪い点の差が大きいと思いますが、CD類は発売したてのものや古いシングルCDやアルバムでも今では入手困難なものなどは高価格で買い取ってもらえます。

 

何より今まで頼んだショップの中では駿河屋が一番対応が良く、総合して査定価格も十分満足しているので、これからも継続して利用させてもらいたいと思っています。
ただ、時間がかなりかかるので、急ぐ人には向かないと思います。

 

駿河屋より便利なネットCD買取

今一番おすすめなのは、「ブックサプライ」さんです!
最新のCDだけではなく、他社が取り扱わないようなものまで買取でしてくれます!
NHKラジオのCDなど、一見ニッチな商品でも高額買取の実績が多数あります。

 

興味があれば、公式サイトで確認してみてくださいね。

バーコードの数字を入力すると買取価格が表示されるリアルタイムお試し査定が便利ですよ!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

以上、「駿河屋あんしん買取でCDを売った体験談」でした。